hawks-avispa.com

Team's news and game impressions

ホークス

競合覚悟、エイヤーで佐々木を指名

やはり、佐々木投手に手上げる模様。どんなに競合しようとも。 球が速い投手で、素材型の投手が好きなんですよね、ソフトバンクは。 いや、コントロールもあるみたいなので、1年目から勝てそうな評価も見る。 2年連続で野手を1位指名して、失敗していることからも分かるように、 本当は野手の獲得が至上命題のチーム。 はずれ1位では、東邦の石川内野手なんかに手を出してほしいのですが、...
ホークス

明石は再契約できた。福田は・・・

去年の明石は、出場機会を求めてFA宣言したものの 年俸1億&3年契約という破格の条件で残留が決まった経緯があります。 明石は103試合出場で打率.279 福田も80試合出場で打率.259 福田の今年の年俸が3600万ですから、9000万×3年契約くらいの条件提示を受けそうです。 外野手としてはやや微妙な成績で、複数年契約を受け入れる球団があるかどうか。 名前が上がっている中日・ヤクルト...
ホークス

CS西武戦 9-3 ホークス打線の調子が最高になった巡り合わせ

このシリーズをマスコミが振り返ると、 西武の投手が打たれすぎという評価になるのでしょうけど、 ホークス打線が、たまたまいい感じで、このクライマックスシリーズのときに調子がもどったと思う。 牧原や長谷川がこんなに結果を出せるとは思わなかった。 シーズン終盤の打線はひどかったですから。 そのことで、西武にリーグ1位をかっさわられたことになったのですが、 結局ポストシーズン時の調子の差で、ホ...
ホークス

倉野コーチと千賀

CS初戦で、4本も被弾した千賀。ノーヒットノーランの後の登板は、失点する事も多かったので、再調整が必要な状況だったと思います。このCS初戦の後、倉野コーチから、フォームの修正ポイントを告げられ、千賀も短期間で修正してきた。倉野コーチもその修正能力に驚いていたようですし、千賀もよく短期間で調整してきたものだと感心する。中4日も緊急登板にならなかった、シリーズの展開も功を奏した。3軍時代からのコンビが...
ホークス

CS西武戦 7-0 千賀 バットに当てさせないレベル

牧原の好調さが続いている。 バントのような細かいプレーに不満は残るものの、調子が良い時の彼は、積極的な姿勢が活きる。 相手の秋山の調子が上がってこない状況で、秋山と同じスタイルで活躍をする選手がこちらにいるというのは、チーム力に差が付くものだ。 先発の千賀は、完ぺきな時の千賀だった。 多少フォークが曲がりすぎて苦労しているように見えたが、曲がりすぎるのは調整すればよ...
ホークス

CSは、いわば別スポーツ、おもしろい

昨日の試合では、対 今井という対策をとってきて、先頭バッターからずらっと相性がよい選手を並べたホークス。先発の見切り方、リリーフの登板順も、積極采配したほうが有利になったりして、シーズンとは違う別の戦い方が短期決戦にはあり おもしろい。昨日は武田が先発したが、これは初戦の勝敗結果によって変える方針だったよう。試合終了後に予告先発するという、CS独自のレギュレーションを活かした戦術だ。今日も18時が...
ホークス

CS西武戦 8-6 ホークス打線の調整は上々

5番に上げた中村晃が、大活躍。 またまた工藤マジックのさく裂だ。 3回は、今井が連続ツーベースを打たれて、頭の中で整理できなくなっていたように見える。 単調に投げ込んだストレートが高めに浮き、晃の餌食に。 というか、中村晃の前で、なぜ辻監督は判断できなかったのだろうか? 「先発投手が打たれても打線がなんとかする」という西武の勝ちパターンが、短期決戦に合っていないよう。...
ホークス

西武 平井の月別防御率

  防御率 試合 登板回 3月 0.00 02 01.1 4月 1.46 11 12.1 5月 2.65 14 17.0 6月 1.98 12 13.2 7月 3.55 14 12.2 8月 4.02 15 15.2 9月 9.31 13 09.2 今シーズン、81試合も登板して明らかに疲労がたまっている状況。 しかも徐々に。 サイドスローでクッっと曲げて...
ホークス

CS西武戦 8-4 監督采配の差 守備の質

去年もスタメンを外れた後の松田は、意地を見せてくれた。今日もそう。パフォーマンスが熱い男だが、心は冷静で強い男だと思う。先制のタイムリーの後も決して感情を表に出さず、試合に集中していた。そういう、勝ちにこだわる真剣さが好きだ。一方、試合の流れは、負けペースできついものがあった。この流れを変えたのは、工藤監督の積極采配だったと思う。シリーズ男の内川に代打を送っての長谷川。この超積極采配が、試合を制し...
ホークス

CS楽天戦 2-1 内川がホークスに来て短期決戦が強くなった!

内川の勝ち越しの一発。 インコース低めをすくい上げて、スタンドに運びこんだこの打ち方は、 2017年の日本シリーズでの9回に放った、あの起死回生のホームランのリプレイのよう。 シーズン中の安定感はさすがに厳しくなったが、 短期決戦での集中力と、勝負の読みはさすが。 秋の風物詩とかバカにされていたこのチームを 本当の意味で強くさせたのは内川なのだと思う。 松田を外した決断、デスパイ...
タイトルとURLをコピーしました