hawks-avispa.com

Team's news and game impressions

ホークス

ソフトバンク 平均年俸1億突破でMLBの27位クラス

何がすごいって、ファームの選手も含めての全選手の平均年俸が、1億円を突破したこと。 昨日のキューバコンビの契約延長が明らかになったことで、 支配下66選手の総年俸は少なめに見積もっても67億円超になった模様。 この年俸総額は、MLBの中ではカンザスシティの下に位置する27位。 4つのMLBのチームのそれよりも高い数字です。 (ヤンキースの1/4しかないが。) 孫オーナーが表明している目...
ホークス

キューバコンビと「2年契約」できた

本人との直接契約ではなく、キューバ政府の組織と交渉し、身のある成果を勝ち取ることは大変だと思う。 デスパイネそしてグラシアルと2年契約を勝ち取ったことは大きい。 二人は、チームの打線を支える核ですから。 <2019年50試合以上出場選手のOPS> グラシアル .960 デスパイネ .875 松田 宣浩 .788 福田 秀平 .772 甲斐 拓也 .733 若いス...
アビスパ

森福と堤 ファンサービスがすばらしかった選手の引退

■森福の引退  実は、遅ればせながら昨日、TBSの「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達」を見ました。  森福の引退を涙ながらに送るファンの方が何度も登場し、彼のファンサのすばらしさを改めて思い知ったところです。  「森福の11球」が紹介され、満塁の大大ピンチな場面で完ぺきな投球を見せたシーンに改めて感動。  内外角にスライドしてくる変化球に、中日バッターのタイ...
ホークス

鴻江スポーツアカデミー

田尻氏がラジオに出演し語っていた、鴻江スポーツアカデミーが相当注目されているよう。 久留米球場に、菅野が1泊2日しかないスケールでも足を運び、この時期にがっつり投げて、指導を受けていたというエピソードを聞くと、その理論がプロでも浸透しているのだと思う。 ワインドアップするのかしないほうが良いのか、適性をきっちり指導するスタイルがすごい。 種市が去年8勝もした実績もあり、以前より参加している千...
アビスパ

ライバル 松本山雅の予想スタメン

苦手としているクラブが落ちてきた。 いや反町監督だけが苦手だったのかもしれない。 今シーズンは、その反町氏は退陣し、布新監督が率いることになり、クラブのカラーも変わりそうだ。 4-2-3-1の布陣が予想されている。 ___阪野 杉本 セルジーニョ アウグスト __米原 藤田 高木 村山 森下 今井 ___村山 エドゥアルドが鳥栖に移籍し、パウリーニョも抜けた。 代わりに入団した...
アビスパ

スポーツビジネスの拡大を目指して

私は、スポーツ観戦が大好きです。 映画やドラマもおもしろいですけど、スポーツ独特の「筋書きのないドラマ」に興奮しますし、大好きなふるさとのチームを応援することで、わが街を愛する「仲間意識」を感じるところに おもしろみを感じます。 そんなスポーツビジネスがもっと大きくなり、街の発展につながればいいなと常々感じているところですが、 実際にスポーツ産業はあらゆる分野で拡大が進むという見込みもあり、...
ホークス

パリーグ戦力比較散布図(防御率・OPSの推移) のページを更新

パリーグ戦力比較散布図(防御率・OPSの推移) のページを更新しました。 昨年も引き続き打高投低と分かるシーズン。 打線が引っ張るチームがそのままチームの順位になっています。 西武のOPSの数値が、2年連続でグラフから飛び出ていて見にくくなってますが、これだけOPSが高ければ防御率4.36でもシーズン首位になれるというもの。 ホークスは、ケガ人がたくさん出てしまったもののO...
ホークス

中継ぎの質がシーズンの結果に直結

中継ぎの質が、シーズンの結果に直結すると常々感じています。 先発投手が6回くらいから球威が落ちてきたとき、 スパっと中継ぎに切り替える戦力を持ち、 そのゲームの後半で、勝負をかけられる試合をシーズン中にどれくらい作れるかが、重要だと思います。 そんな中、今シーズンの中継ぎで一番期待しているのは加治屋です。 3年目にブレークし、去年は疲労や故障もあって停滞してしまったシ...
アビスパ

InsideFukuoka川森社長より

中倉氏のInsideFukuokaに川森社長が出演されていて、とても興味深い話しを聞くことができました。まず、立石顧問の人脈がいろいろ活きて、選手の補強につながったとのこと。シントトロイデンとの業務提携からいろいろな人脈形成につながっていることをうれしく思います。また、長谷部監督とは昔からのご縁があったよう。長谷部監督の奥さんと10年前から知り合いで、アパマン従業員の友達の結婚式で隣の席だったみた...
アビスパ

45億円でJ1基準のスタジアムを建設できるとは

J3に昇格するFC今治は、今年10月に新スタジアムの整備を開始するとのこと。 岡田オーナーの熱意が、クラブと地方都市をここまで動かしたことに、感銘します。 建設費はたったの45億円。 贅沢しなければ、J1仕様のスタジアムをこの金額で作れるのかとびっくりです。 鹿島スタジアム・・97億円 レベスタ・・85億円 ミクスタ・・76億円 これぐらいはかかってましたから。 地方はお金がないか...
タイトルとURLをコピーしました