hawks-avispa.com

Team's news and game impressions

スポンサーリンク
ホークス

楽天戦3-1 笠谷に先発を任せて

笠谷の内容ひど過ぎた。 追い込んでから、投げる球がない。 それでもって細かいコントロールもないから、粘られてボールも増える。 杉内の投球フォームと同じでも、ストレートの質が違うので、バッターはどの球種も対応してくる。 大竹は上で投げられないのか? 打線の方もスッキリしない。 二桁打ってるのですが、ポテンポテンと3点取ってギリで勝ったような感じ。 今日のように打順で遊んでみても、調子の...
ホークス

楽天戦0-6 川島のヒットに胸をなでおろす

今日は、しょうがない。 涌井のストレートに、ホークスの各バッターが後ろにファールすることが多くて、ボールがキレていたんだと思う。 柳田が出塁できないんだから、あきらめもつくというもの。 涌井は、落ち目になりそうでならない。各チームで結果を出し続けてるからすごいと思う。 ノーヒットノーランというと、小久保の引退試合の苦い思い出が蘇ってくるのでかなり気分が悪かったのですが、川島のヒットにかなり...
ホークス

楽天戦6-7 何だか知らないけど楽天は粘りがある

モイネロは責められないよ。あの右打ちは、打った浅村がやっぱりうまい。 それにしても、こういった後味が悪いゲームになったのは、エースの千賀のせい。 ボールボール・・って、自分のスタイルを見失っている。 ただ、要所要所ですごくいい球が来たり、お化けフォークができたりと、すごく不完全な感じ。 今日は、千賀と対戦する楽天側も、負け覚悟で中4日の先発を当ててきて、明日以降に標準を合わ...
アビスパ

よりによって主力ボランチが感染とか

前選手が離脱とか、クラブにとっては痛恨の極み。 7月27日(月) クラブ独自のPCR検査を受けて陰性 7月29日(水) 愛媛戦出場 7月31日(金) Jリーグ公式PCR検査を受ける 8月 2日(日) 陽性の可能性が非常に高いとの連絡を受ける この時系列の報告を受けると、ここ1週間くらいの中で感染してしまっていて、愛媛戦の前後に、クラブ内で練習もしているので、他の選手の...
ホークス

永遠にPCR検査必要とか

長谷川が感染したので、スタッフ全員にPCR検査しました。 今日の全体練習のあと、スタッフ1名が感染していました。 で、また検査しないといけないの? こりゃあたまらんなぁ。 保険外のPCR検査依頼料は、2-3万円と聞いているので、 1軍メンバー87人に検査させると、200万くらい毎回必要。 これ、普通の会社なら耐えられないコストだな。 わたしが思うに、プロ野球とかサッカー選手とかは、き...
アビスパ

試合中止となった選手達は16時の段階で部屋で待機となる

アビスパの試合も中止。 この判断は試合開始2時間前という緊急的判断でした。 通常Jリーグの公式PCR検査は金曜日に検体を採取して、その結果がJ2であれば火曜日の夜に判明するそうですが、 今回はU-19日本代表合宿で陽性反応が出たため、 前倒しで日曜日夕方に結果を出してもらったそうで、アビスパの選手に陽性反応が出た模様。 つまり、前倒しで結果を出してもらってなかったならば、大宮の選手にも感...
ホークス

ホークスの長谷川が感染という事態に

まじめな選手なので、球団職員からの感染だろうと思う。 マスクしてただろうから、接触感染のはず。 球団は、共有物品等の消毒をして、しっかり対策をとって欲しい。 1軍の試合中止は1日間にとどめたいのだが、 無理を言って日曜日のPCR検査を実施できればいいものの それがだめだと月曜日に検査して、結果がでるその日の夕方まで、 活動を休止せざるを得ない状況となったのは痛い。 ・ソフトバンクホー...
ホークス

みんなで6-7月のホークス月間MVPを決めよう!

開幕直後は、先発陣の不調が続き、なかなか勝ち越せない6連戦が続きましたが、徐々に先発投手陣の調子が戻り、打線もホークスらしい強みが出た試合が増えてきました。 1か月半で、一気に進んだ37試合の中で、好調と不調が一回りした選手も多かった印象です。 そんなホークスの6月と7月の戦いを振り返り、最も活躍したと感じた選手は誰だったでしょうか。 23年間記録のアーカイブを続けています。今月...
ホークス

西武戦4-0 石川完封劇の内容

13奪三振・・恐れ入りました。高めのストレートで西武の打者はボールの軌道の下を空振りばかり。外から曲げて中に入れてくるカーブ、低めに落とすフォーク、西武打線の各打者の名前に物怖じしない堂々たるピッチングだったと思います。今日は、2番に川島を置いたベンチもファインプレー。本田は、左のインコースにストレートを投げ込むことが得意なので、右の川島を起用して、3番以降のホークス強力クリーンナップにつなぐこと...
ホークス

西武戦5-4 「1番バッター周東」がジワリ効く

ニールに勝ってしまった。 序盤のニールは、いつも通りにブレ球を活かしてきて、内野ゴロを連発。 今日も連打は厳しいのかなと見ていたのですが、甲斐の変な内野安打で流れが変わり、 ニールのコントロールが少し甘くなってきたところを、ホークス自慢の3番4番打者が捉えて、複数得点を取り切ったことで勝てた試合でした。 甲斐をランナーに置き、打席に立った周東が、この試合初めてというくらいに...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました