hawks-avispa.com

Team's news and game impressions

ホークス

オリックス戦 6-5 胃が痛くなる継投

山本の状態が2回から良くなると、 中盤以降に失点する事が致命傷になり、 打線が、取り返しきれないという いつもの悪い展開になるのではないかとヒヤヒヤに。 明石の先頭打者ホームランが、なんだかんだで効いた試合だったと思うんですけど、 1,2番が活躍してくれないと点は入らない。 特に、短期決戦ではね。 7回にモイネロの緊急登板を登板させたベンチワーク、 8回に武田を投げさせるも、球が抜け...
アビスパ

岡山戦 1-1 加藤と石原が作る攻撃のスイッチ

上位相手にドロー しかも後半途中まで(石原が入ってくるまで)、岡山の完成度の高い全員守備につぶされまくっていたので、 勝ち点1は御の字だ。 初先発の初瀬がどこまでできるのかが注目の試合でしたが、あまり仕掛けられない印象。 気持ちは入っていてボールは要求していたのだが、前に走り込むスピード感が無くて、 周りとの呼吸もいまいち。 相手が疲れてからの投入という事情もあ...
ホークス

日ハム戦 1-8 ホーム最終戦を加冶屋続投で捨てた

有原の緩急を付けた投球術にてんてこ舞い。 西武とくらべて圧倒的に力不足のホークス打線が、こういうタイミングを狂わせるピッチャーと対峙し、 より一層 調子を落としそうで不安になる。 CSに向けて状態があがってるような選手は、松田くらいか。 他の選手は、印象すら残らない寂しい状況。 相変わらず、セットアップで結果を出す武田以外は、 CSに向けての好材料が無くて悲しいばかり。 それにし...
ホークス

日ハム戦 1-0 バンデンがシーズンであと3勝してくれていれば

バンデンも34才。 1年間フルに投げられる年齢では無いとはいえ シーズンで2試合しかなげられなかったというのは痛すぎた。 今日は、70球くらいから球威が落ちていたものの、 高めの球でも空振りが取れる力強い投球は健在。 いかにも先発っぽい力投型の投手が、彼と千賀以外に、チーム内に見あたらない状態なので、悔しさを感じたところ。 相変わらず打線がつながらないのは、4番がとんでもないブレー...
ホークス

オリックス戦 4-3 周東という強みが残っていた

今日の試合のピックアップポイントは、千賀の4連続ファーボールということになるでしょう。 ストレートのスピードもありましたし、ボールとなった球も僅かなズレだったので見た目には分からなかったのですが、 打球を足に受けた痛みが相当残っていたよう。 セットなら、投げ続けられるという状態だったようで、かなり無理をさせることになってしまいました。 最近チームは、先発が降りる回で複数失点を続けていたので...
ホークス

楽天戦 2-6 チームの疲弊感がすごい

初回のみ ふらついていた美馬から、この回に逆転できなかったことで、試合が後手後手になってしまった。 松田にフォークを連投して、その場をしのがれてしまい、 徐々に調子を上げられてしまうと、今のホークス打線調子ではどうしようもなくなった。 バッサーそしてセーフティースクイズで決められたシーンは、精神的に大ダメージ。 自分たちやるべき「1点を取りに行く」野球を相手にやられる。 そして、先発が早...
ホークス

千賀が壊れないか心配で仕方ない

バンデンハークを投げさせるにしても、先発投手が絶望的に足りなくなった。 千賀と髙橋礼を中4日で3回投げさせる構想が紙面に出てますけど、千賀は壊れてしまうな。 今年、メジャーに行かせることが前提ならこういう無茶もありかもしれませんが、 ポスティングを拒否しながら、登板過多にさせるのは、来年以降にも影響が出てしまうので本末転倒だ。 倉野コーチも「千賀の体は弱い」と慎重に考えてい...
ホークス

日ハム戦 2-7 金子に抑えられると補強をサボったツケを思い知らされる

ミランダとの契約は今シーズンまでと確定した内容だったと思う。 四球を絡めて大量被安打。 シーズン終盤にこんなピッチングをされると完全に萎えてしまう。 反撃しかけた6回の攻撃も、今年のホークスらしいものだった。 引っ張ってゴロを打ってしまい、先頭バッターをゲッツーで殺すと、直後にソロホームラン。 この単発打線と安定感のない先発ローテが、チームの勝利を難しくする。 甲斐野が打たれる試合も続...
ホークス

日ハム戦 5-7 工藤監督が得意な短期決戦型の選手起用がはまらない

和田の好投が目を引いた序盤でした。 左バッターに対する、アウトコース低めに決まるコントロールがすばらしく、 あの近藤からでさえも、見逃し三振を奪うほど。 ホークスの先制点の取り方にもニンマリ。 柳田の打球は、いまだ上がってはいかないですが、鋭い打球でチャンスメークをすると 松田がきっちり甘い球を捉えて、タイムリー。 今シーズンなかなかできなかった、本来のホークス打線らしい点の取り方で、...
アビスパ

栃木戦 1-0 勝ったけど、弱者同士のサッカーの内容だったか

前半はアビスパらしい戦い方で、栃木を圧倒。 センターバックもしくは惇から、高い位置を取る両サイドバックにボールを入れて早くシンプルに中央へパス。 ゴールシーンは前川による囮となったランも良かった。 最近は、こういう前川の縦に走りむプレーが多くなってきて心強い。 後半になると、田坂監督も対策してきて、 ロングボールをアビスパのサイドバックの選手に競らせて、押し込む形を取るように。 この戦...
タイトルとURLをコピーしました