ロッテ戦6-5 負けて当然の試合展開だった

ホークス

相手は、今シーズン絶好調が続いている種市だったのに、石川柊太は4回までで7四球・・・

球は高いし、どの変化球も制球できず。

甲斐も必死にごまかしながらサインを送っていたと思います。

4回に満塁のピンチを背負ったところで、甘いストレートがたまたまレフトフライになった運もありました。

さらに、中継ぎも打たれる最悪の展開を救ったのは、復帰したばかりの牧原。

種市が投じた甘いストレートが真ん中に入ってきて、それを逃さなかった牧原がすごい。

試合勘とかそういうものは関係なく、センスがあるんでしょうね。

試合中に何度も言われていましたが、明日は佐々木なので、今日のサヨナラ勝ちは本当に大きいですよ。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

ホークス
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました