admin

スポンサーリンク
ホークス

痛かったオリックスとの敗戦2試合

4月1日(木) 0-2パ・リーグを代表するバッターにまでのし上がった吉田正のタイムリーで失点。このときは戦力になっていた武田翔太の好投も虚しく山本が完封。なにより衝撃的だったのは、開幕早々中5でソフトバンクにあえてぶつけてきて、完璧にやられたことだ。8月29日(日)3-6オールスター戦明けで、先発投手の調子が良くなり、チームとして波になりかけていたのに3試合で1勝もできず完敗。この連戦で完全に今シ...
ホークス

オリックス優勝の立役者は、ドラフト10位

25才で1軍デビュー .000(3-0) 0本 0打点 .118(17-2) 6三振 1本 2打点 .250(12-3) 3三振 2本 8打点 .157(51-8) 22三振 4本 7打点 .268(127-34) 34三振 2本 17打点 そして、今年30才のシーズンを迎え、 .301(478-144) 116三振 32本 83打点 OPS.931 社会人卒で6年目だった今シーズンは、ダメ...
ホークス

孫オーナーの律儀な姿勢で、チームが好きになる

ものすごく忙しい人なのに、わざわざ千葉に足を運び、グラウンドで工藤監督を労う姿勢に感銘する。こういうことって、チームとチームに関わる関係者へのリスペクトがないとできない。リーダーとしてのあるべき姿勢をも教えられるとも思う。強くしていこう、良くしていこう、とトップが自ら動いて率先しているチームだから、余計に応援したくなるものだ。・ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。
ホークス

ロッテ戦15-7 リチャードのファインプレー、三森・柳町のマルチ安打に

最後は、ダラダラとした試合展開になったが、若い選手が生き生きと動いて、打線がつながった試合となりよかった。 前回、千賀が投げた時には、リチャードがエラーをして、思いっきり千賀に謝っているシーンがあったが、今日は5回にアップアップだった千賀をファインプレーでフォロー。 彼の成長を最終試合で感じることができました。 いかにも一発のなさそうな打者である柳町にそれが出て、1番を打つ三森も...
アビスパ

札幌戦0-0 1戦目の敗戦を踏まえて調整

長谷部采配で好きなのは、この日の試合みたいに、相手に合わせて再構築できること。最初から3バックにして、ミラーで守って相手の攻撃をかわすことができた。とはいえ、5人がべったりと下がることなく、高い位置を保つことができていて、アビスパらしい、カウンターの速い縦のパスを打ち込むことができた。あとは最後のシュートを決めるだけ。。渡とフアンマ、両人ともあの1対1を決めてくれないと!相手キーパーのブロックも良...
ホークス

球団は堅実な判断

王会長が次期監督のことは少し待ってくれと言っていたが、秋山氏に断られ、内部昇格の調整に時間がかかったか。小久保ヘッドの早急な監督昇格には、周りから理解を得られない状況で、城島アドバイザーや、ネームバリューのある外様コーチの起用などの奇策には走らなかった。数いる内部昇格候補の中から藤本2軍監督がえらばれたのですから、選手を導く能力も高いのでしょう。そして、2軍監督から1軍監督というレールを作っておい...
ホークス

千賀クラスのFA交渉

今年もソフトバンク球団は、千賀のポスティングによる海外移籍を認めないだろう。千賀は、順調に来シーズンをケガなくプレーできれば、来シーズンオフに海外FA移籍が可能になる。ケガによって、海外FAリスクを得られないリスクを無くすために、すでに取得している国内FA権を行使し、来シーズンオフにポスティング移籍をさせてくれることを条件とした移籍交渉が可能だ。(一度国内FAすると、海外FA権の取得は4年後)千賀...
ホークス

日ハム戦2-2 後味がわるすぎる・・

おとこ二人が試合中に泣くほどのドラマ。 長谷川が凡打してしまった後、特別に作ってもらった場面で結果を出せなかった悔しさを、隠さずに表現するところに、彼らしさを感じました。 引退試合の位置づけとなっている打席で本気で悔しがるところに、愚直さを感じます。 そして、その無念を払うように放った、甲斐の放物線は、野球の神様を見たような気がします。 長谷川はすでにコーチのような存在でし...
Others

人生でいちばん高揚感を感じるBGM

プレイしてから何十年も経つのに、このBGMを聞くと、奮い立つような感動を感じるんです。 2トラックで作成されたFCの音源なのに、気持ちを動かすすごい音楽だと今でも思います。 メモリ不足を補うために、下層に進むにつ入れて音を下げ、リズムを遅くするテクニックがすごすぎる。 戦闘といえば、ドラクエⅢ。なんだこの攻める曲は!戦闘が長引いたときに、変調して高揚感を高めて...
ホークス

ロッテ戦6-0 三森よ荻野のようになれ!

三森が目立ちまくっていた。 調子に乗っているロッテの左腕 小島から、コンパクトなスイングでチャンスメーク。 さらには7回のファインプレーは、千賀のノーヒットノーランをつなぐビックプレーでチームが盛り上がる。 三森は、6月に周東に替わって起用され始めると、3割を打って、首脳陣から育成枠に指名された状況に。 8月からは、大きく成績を落としたものの、監督は起用を続け、来年以降のリーディングヒッタ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました