admin

スポンサーリンク
アビスパ

ザヘディの契約期間

ザヘディのゴールが、朝のニュースで何度も流れている。 ザヘディが活躍すればするほど、彼の契約期間が心配になっています。 ウクライナのゾリャ・ルハンシクからのレンタル移籍加入という契約形態になっていて、 ロシアのウクライナ侵攻に伴うFIFAの特例措置での移籍が認められると、2022年3月にハンガリーのプスカシュ・アカデミアFCへレンタル移籍。2023年7月にはペルセポリスに復帰し...
ホークス

オリックス戦1−3 宮城は200勝する

戦前からの予想どおりというか、予想よりも善戦したと言えるような。。 宮城は、たまらなくいいね。 柔らかいフォームから投げ込む150kmの速球と、緩いカーブ。 これだけでもすごいピッチャーなのに、スライダーもタイミングを合わせづらいし、投球フォームで変化をつけてきたりもする。 4回に海野と尾形が連打でチャンスを作ったのだが、上位打線と下位打線のメリハリも明確。 9回の...
アビスパ

磐田戦2−2 ザヘディとジャーメインの独壇場

長谷部監督も、こんな試合はするつもりはなかったと思う。 磐田は、しっかり守って、ウィングを縦に走らせてジャーメインにクロスを上げるシンプル戦略。 アビスパは、守備の形からボールを奪っても、岩崎と重見がボールをキープできることが少なく、無理なサイドチェンジの試みか、CBに戻してからの遅い攻めの形ばかりになった。 岩崎のスピードと重見の前線からの守備は良かったのだが、クロス一辺倒で...
スポンサーリンク
ホークス

オリックス戦3−3 長かったこのゲームを振り返る

・モイネロの調子は悪くなかった。 しかし、オリックスは前回の対戦を踏まえてしっかり対策してきた。 紅林などが、ナックルカーブをうまくカットして球数を稼いで、甘い球をひたすら待つ戦略に。 次の対戦ではこの相手の対応に順応できるのか。 ・東はやはりすごく良い。 コースを突いてくる球筋にどの打者も対応できず。 こんな投手が、育成から出てくるのがすごい。 ・山田と阿部は何だったのか。東のものすごいピッ...
ホークス

オリックス戦9−7 ウォーカーへの決断がいよいよ必要

オリックスを相手に3連戦を勝ちゲームからスタートできた事実は大きい。 ですが 初回のウォーカー。あそこまで 状態が悪かった初回の山下に対して、初回からゲッツーというのは大惨事だったと思う。 今日の東浜はコントロールが少し甘く、ウォーカーのこの打席から試合の流れが変わった。 しかし、その悪い流れを変えてくれたのは 柳田そして近藤のバッティング。 オリックスのベンチの...
ホークス

山下舜平大投手の起用方法に学ぶ

2020年のドラフト1位でオリックスに入団した山下舜平大は、腰痛の影響などもあったようですが、2年間 下で体力作りに励み、3年目に開幕投手に抜擢されます。 この3年目から頭角を表し、ローテーション投手を任されるわけですが、その使われ方は相当に慎重なものでした。 ピタリと100球前後で降板するようになっていて、登板間隔も10日前後作っているようです。 明後日のファームの試合に登板...
ホークス

日ハム戦4-4 年俸10億円のオスナよ

日ハムも若くてイキの良いピッチャーが出てきてるし、パンチ力のある中距離ヒッターの 日本人バッターがたくさん出現してきている。手強い相手になった。今日は打てないながらも なんとか 無失点にしのいでいけばどこかで1点取れると思っていた。内野ゴロで1点をもぎ取り 延長戦で逃げ切って勝てれば この2連戦は十分な結果になっていたはず。ところが オスナが。。真ん中 低めだったかなぁ。棒球のようなストレートはパ...
Others

中国戦1−0 小久保の安定感よ

日本が先制したときの中国の9番、ひどいラインコントロールだった。DFとしての経験が少ないのだろうか。 西尾のレッドカードのあとは、別の試合のようになります。 苦しかったですけど、ラインを上がる位置とタイミング、選手の意識の統一ぶりはさすが。 特にキーパーのパフォーマンスが良かった。久しぶりに、日本のキーパーで、満点のプレーを見た気がします。 そして、松岡や重見もこのチーム...
ホークス

日ハム戦1-5 2連続対戦負けはいかん

再び、同じ投手に負けるのは良くない。 山崎福也は、立ち上がりに苦労していました。初回のウォーカーの凡退が、この試合の敗因。 右バッターがもうちょっと攻略して欲しい。下で調子良かったのなら、野村勇をスタメンで使うというのもありではなかったか。 栗原は、凡打のときの内容も良くなっている。栗原が点に絡めるようになれば、また打線の状況も変わってくるだろう。 いつかは連勝が止まると...
ホークス

西武のチャンテが耳から離れない

西武のチャンステーマ4がかっこよすぎる。 西武戦が終わると、しばらくこのチャンテを口ずさんでる・・ 女性パートに合わせて、男が調子を合わせるのって相当盛り上がる。 さらには、Flag to Victoryのテンション。 羨ましすぎる。 オリジナル原曲で、これだけ盛り上げれる曲を作れるのは素人仕事じゃない。 ホークスのチャンテも伝統がありますし、親しみも...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました