admin

スポンサーリンク
ホークス

明石と同じように送り出せないモヤモヤ

先日の明石選手に対するセレモニーが素晴らしかったから、、さらなる功労者である松田選手には、もっと特別な感じで、彼を称える引退試合をしてほしかった。「チャンスを与えてくださる球団があれば、そこで大好きな野球をとことんやる、ただそれだけ」僅かなチャンスがあれば、現役続行を願う選手の気持ちは、自分には理解できないくらい強いのだろうと思います。ただ、内川選手の例を見ても、次年度に結果を残すことは厳しすぎる...
ホークス

西武戦1-4 これほどの重要な試合に対する調整力の無さよ

各投手が緊張しながらも投げ続けている中で、四球を連発する石川の調整力の無さにがっかり。 石川が3回の先頭バッターに四球を出したところで、田中正義に代えるものアリだった思う。 高橋光成の出来が良かったので、諦めが付いた試合であったが、勝負どころもなく痛恨の敗戦だ。 いまだ、デスパイネの好調さが続いているのは、今後に期待できるか。 それにしても、楽天に感謝感謝である。 ・...
ホークス

ロッテ戦2-1 佐々木郎期対策で、監督から明確な指示

佐々木郎期を相手にする試合を乗り切りました。 この最終盤で現れた佐々木郎期投手は、まさにラスボスのよう。 今日のラスボスは、少し制球が乱れぎみでしたが、変化球主体で攻めてこられても、なかなか芯にあたりません。 そこで藤本監督が明確に狙ってきたのは、佐々木郎期の大きな投球モーション。 三森の思いっきりの良さから察するに、動画でシュミレーションを行っていたことでしょう。 ...
ホークス

ロッテ戦10-0 甲斐のバッティングをいじるべきか?そうでないか

シーズンが終わろうかというこの時期にようやく甲斐に一発が出た。 城島アドバイザーの指導の元、三振を減らすためのミート打法に取り組んでいたものの、その改造策が悪い方に向き、打率とホームランの両方を落としてしまった。 今日はしっかりと振り切って、鋭い一発。 甲斐の打力が落ちて、下位打線の力が落ちた1年間だったなと思います。 若いときからの自分のバッティングを急に変えることは得意じゃ無いかもです...
ホークス

ロッテ戦6-0 坂東そしてファンも晃の3ランで落ち着く

昨日は良くなかった三森と中村晃に結果が出てすごくうれしい。 中村晃の3ラン。 ものすごい集中力と気合いでした。 負けてたまるかという強い集中力が、打席の中で渦巻いていました。 4回までで6得点。こうなるとは坂東も、カーブを織り交ぜるなどして、落ち着いた投球内容になります。 多彩な球種があるので、緩急を付ければ打ち損じも多くなり、投球数も減らせました。 森と嘉弥真とモイネロにも、登板間隔...
ホークス

ロッテ戦3-6 甲斐で打線がプッツリ、モイネロ2試合連続失敗

各回の先頭バッターは、力み無く打ち込んで出塁できるも、得点圏進めてからは、相手投手に押されて凡打連発。 ノーアウト満塁 1アウト1塁2塁 ノーアウト1塁2塁 ノーアウト3塁 これだけチャンスを作ってタイムリーゼロ。 まずもって、甲斐の不調が痛すぎ。 そして、相手投手の落ちるボールに、どの打者も手を焼いたところがありましたが、絶対に打たないというプレッシャーもありましたかね。 絶好調のまま...
Others

「北九州福岡道路」構想

福岡中心部から、に車で移動するときは、高速道路が使えず、移動に時間がかかる。 例えば、天神から古賀市役所まで、お金をかけて都市高速と高速道路を利用した場合と、都市高速で利用した場合では、それぞれ28分と30分の違いしかなく、高速道路を使うことは無意味だ。 天神から岡垣町役場までであれば、都市高速と高速道路を利用した場合が50分、都市高速のみでは55分となる。 八幡東区より遠い場所でなければ、...
ホークス

日ハム戦3-1 優勝時のMVP候補がモイネロから藤井に?

オリックス打線の厚み・強さが体に染みついている中で、今日の日ハム打線と対峙してみると、正直言って、軽さを感じてしまいます。 先発した石川は、ストライクゾーンの狭い審判に苦しめられましたけれども、変化球の切れがよく、打者の的を絞らせていなかったようです。 80球を過ぎたところで、球威が落ちてくるのは早すぎるのですが、明日からはやっとお休みですから、早めの投手交代策ができましたし、各セット...
ホークス

パリーグ優勝ライン 同じ勝率の場合のルールが相当不利に

正直苦しい状況。 直接対決で負けているソフトバンクは、同じ勝率だと優勝を逃してしまう。 ソフトバンク オリックス 勝ち 負け 勝率 勝ち 負け 勝率 8 2 .553 6 0 .553 7 3 .546 5 1 .546 6 4 .539 4 2 .539 5 5 .532 3 ...
ホークス

オリックス戦5-6 短期決戦の先発ローテーションに工夫が無い

短期決戦に強かった工藤監督と比べ、藤本監督は、どれくらい工夫した采配をできるのか注目している。 その工夫の一つが、レイの配置転換なのだろうだが、先発ローテーションに思い切った采配がない。 何を言いたいかというと、オリックスに対する相性がすこぶる悪い東浜を、今日ほどに大事な試合に任せるのはいかがなものか。 松本や森を重いきって先発させるほどの思い切った采配が、この終盤では必要ではなかったか。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました