博多駅空中都市構想 の影響

スポンサーリンク
Others

2028年末の竣工を目指す。

JR九州が発表した「博多駅空中都市構想」。

マルイとヨドバシの間の線路上にビルを設け、ビジネスフロア・ホテル・商業施設を設けるとのこと。

福岡市が主導する「博多コネクティッド」の核にもなり、高島市長も気持ちこもって説明していました。

敷地面積は約5,200平方メートル。

天神ビジネスセンターが61,000平方メートル。

KITTE博多は、15,000平方メートル。

そんなに大きくはない。

しかし、場所は良い。

博多口と筑紫口を移動するときにかなりの人が使う場所になりそうで、集客はできそう。

そして、土地代がいらないし、JR九州が得意そうな再開発スキームに載せれば成功しそう。

現在は、博多口側・筑紫口側の高架下とも、道が狭くお店が小さいので、どうやって一体的に大きくできるかがポイントになりそうです。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

Others
スポンサーリンク
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました