楽天戦2-4 打線も中継ぎも細い、細すぎる

ホークス
スポンサーリンク

今日の岸の出来であればもうちょっと長打を打ちたかった。

調子が良さそうな松田が、気持ちで外野に運んだタイムリーは良かったが、ホークスのどの投手もアップアップ。

特に岩嵜は、フォークを見極められていて、相手の思うつぼだったように見えた。

7回の先頭バッターに拾われたフォークボールから、相手打者から把握されているような打ち方だったので、岩嵜は楽天ベンチからきっちり対応されていたようだ。

シーズン終盤の戦いで、岩嵜-モイネロ-森を惜しみなく使い、勝ちを積み重ねていくというのがホークスベンチの思いだったのだが、選手がそのレベルに到達していない。

つまりそのことが、Bクラスということなのか。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました