ロッテ戦4-2 それでも打線が問題

ホークス
スポンサーリンク

なんとか1勝できた…という感想をみんなが持っているのではないでしょうか。

4回、3つの四球をもらって、ソロの1点だけだったところが、なんとも痛かった。

オリンピックの後から調子が落ちている甲斐が、甘い球を見逃し、真ん中付近の球を引っ掛ける凡打。

まぁ疲れてるんでしょうが、打線が繋がらないです。

エキシビションのときに結果が出ていたアルバレスを2番に置いて、打線を活発化させる目論見が崩れ、今日の試合で2番に置いた川島がノーヒット。

柳田も、打球が上がらなくなってきてるし、ベテラン勢が、チームの勢いを上げてくれない。

打者の入れ替え時期(過渡期)に入っているなよつくづく感じました。

打てる外国人打者が2人くらい欲しいよ。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました