日ハム戦7-1 栗原の初球打ち

ホークス
スポンサーリンク

上沢の調子が悪かった。

過去には、完封勝ちをしたこともあったというから、マウンドが合わないということはなかったのでしょうが、今日はコントロールが非常に不安定。

ランナーをためていつものように送りバントで送ったあと、いつものようにそのランナーを返せないのではなく、栗原が初球のインコースを鋭く捉えたことで、試合の流れは100%ホークスに。

この思いっきりの良さが栗原の持ち味だし、4番に置いた価値も出せていたと思う。

上沢と違ってマルティネスのコントロールは抜群。

低めにボールを集めて、そこからボールも動かせる。

こんな投球をすれば、侍ジャパンも打てないわ。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました