スポンサーリンク
ホークス

西武戦3-2 大津と勝ちパターンのリリーバー達

西武の渡邉を打ちあぐねて、危うく負けそうになった試合。初回にコントロールができずフラフラだった渡邉に対して、ノーアウト1,2塁のチャンスで強振して三振してしまったところから、このゲームは危なっかしくなった。しかし、大津がしっかりゲームを作って打線の奮起を待つ投球をすると、今日はタイミングが合っていた近藤が8回に文句無しの一発。近藤に、あの甘いストレートはありえない。西武は、7回に中村が作ったチャン...
ホークス

西武戦6−2 裏ローテと当たれば

4度目となる週末の西武戦。 偏った対戦カードで、同じようなピッチャーとばかり対戦していたが、今日は西武にとって育成中のボー・タカハシということで攻略しやすかった。 ボーは力で押してきましたけど、近藤には通じません。 長打で複数得点をお膳立て。ランナーは出るけど、得点は入らないみたいな展開が、ホークスの中軸ではなかなか起こり得ない状況です。 逆に、モイネロは前回登板までの反...
アビスパ

神戸戦0−1 がむしゃらにしっかり戦ったと思う

連戦で体力的に厳しい試合。 こういう厳しい試合こそ、アビスパはレギュラーでない選手達が良いパフォーマンスを出して結果を残してきた。 今日は、金森からその必死さが伝わってきました。攻撃も守備も、相手よりも走りきってボールに絡もうとするプレーに見入ってしまいます。 3バックの3人も最後まで体を投げ出して守備をしてくれ、ゲームを面白くしてくれました。 田代は好調だと思う。ゴール...
スポンサーリンク
ホークス

楽天戦7-3 石川の使い方が難しすぎる

石川は、どうしたものか。 前回登板でベンチの評価が大きく上がり、今シーズンオフにはFA宣言も控えているので、ベンチは石川の立ち位置を上げて2試合連続で先発の機会を与えたのだが。 コントロールがひどすぎたということもあるが、無警戒でランナー走られるなど、勝てるピッチングをできてなさすぎる。 負けパターンの展開を変えたのは、周東がドンピシャで捉えた長打2本と、...
ホークス

楽天戦1−4 牽制悪送球が痛かった

有原にも、こんな日はある.. ほんの少しのコントロールのズレがあり四球が重なってしまう。 痛かったのは、牽制悪送球。あれでやべぇってなり、いつもの通りの自信を持った投球ができなくなってしまった。 ポンセ対しては、足を使ってリズムを狂わせることで、攻略できるとホークスベンチは考えていたと思うんですよ。 そのために周東を1番に置いて攻略にかかったのですが、ストレートの出来が良...
ホークス

先発防御率2.08とか信じられない

シーズン開幕前までは、どれだけオープン戦で調子が良かったとしても、ここまで先発投手陣が好投するとは思ってもいなかった。 この好調な理由は、倉野コーチの指導によるゾーンを意識したピッチングと言われているが、私は野手と同様に、先発投手の相性を管理して柔軟にローテーションを決めていることにあると思っています。 楽天のスタジアムを嫌って、エースの有原を開幕戦直後に下に落としたのは英断だったと...
アビスパ

京都戦3-2 岩崎と紺野 それぞれの個性が光る

今日ザヘディは、周りを使う動きが多かった。無理をしないでキープを試みたり、一人で突っ込んでシュートに持っていかなかったり。先制点はそのザヘディが、うまく相手の股を抜いて放ったパスを佐藤凌我が合わせてゴール。凌我は、ケガを乗り越えてのゴールとなり本当に良かった。その後、完璧に崩されたわけでもなく、2失点をしてしまったのだが、最終ラインの懸命な守備は目立っていましたし、アウェイながらも、ゲームを支配し...
ホークス

オリックス戦4−1 監督とスチュワートが満面の笑顔

さすがは 今シーズンブレイクしている エスピノーザ。 コントロールされた動く変化球で試合の 盤は芯に当てることがかなり困難でした。 対してスチュワートは、荒れまくっていて、変化球のサインに何度も首を振って無理やりストレートで抑えようとするような状況。 試合展開を変えたのは下位打線の粘りとバスボール。 今シーズンのホークスの打線は、上位打線には破壊力、下位打線には試合の展開...
アビスパ

ザヘディワールドカップアジア予選に召集の可能性

イランの地元紙は、今年6月に行われるFIFAワールドカップ北中米大会アジア2次予選(対香港、ウズベキスタン)のイラン代表メンバーに、ザヘディを招集する可能性があることを報じているようです。 というのも、ここ極東での大活躍がイラン国内でもしっかり報道されているようでして、 「ポルト所属FWメフディ・タレミとローマ所属FWサルダル・アズムンの2人がイラン代表チームのFWの最有力候補かもしれないが、...
ホークス

日ハム戦3−0 課題が見当たらない完勝

谷間を投げる先発投手が、実績十分で好投する。 2回からヒットを打たせない継投で、相手を圧倒した。 チーム最大の懸念点だったオスナが、3人で封殺。 状態がかなり落ちていた中村晃にも鋭いあたりが出て一安心という結果も。 さらには、9番を任せることになった三森も好調という状況なので、チーム内に心配ポイントがない。 もっと褒めるなら、小久保監督の確実な采配、選手のモチベーシ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました