スポンサーリンク
ホークス

ロッテ戦6-5 和田のストレートのキレ、問題の松田

ロッテ打線の1巡目と対戦した時点までの、和田の投球内容は完璧。ストレートはキレがあって空振りが取れるし、低めに落ちるチェンジアップは完璧。これは無失点が続くぞと思っていたものの、4回にも進むと球威が落ちてきてしまった。とはいえ、今日の和田の内容は勝ち投手になるべきもの。4回の満塁のチャンスで、初球を打ち上げる松田がねぇ。ルーキーをあそこまで追い込んで、捉えられない調子の悪さといったら。8回からの逆...
ホークス

ロッテ戦3-2 今宮の守備、上半身だけであのスロー

お金を取れる守備というのは、今日の今宮の守備のようなものを言うのだと思う。 まったく制球定まらず、大量失点になりそうだった高橋礼を救うグレートなプレー。 ただのファインプレーでなく、勝ちにつながるプレーだから価値がある。 ノーステップで、上半身力だけで、正確に速いスローが出来る今宮の身体能力の高さ。 今宮のおかげで勝てた試合でした。 高橋礼は、どうしたんでしょうか。 ロッテの貧打線でな...
ホークス

ロッテ戦8-2 苦手の攻略、不振選手の復活

苦手中の苦手のピッチャーである二木を開幕投手として登板させるロッテベンチの嫌な采配。 出鼻をくじいて、今年も優位性を作っていく策だったと思いますが、見事に跳ね返してくれたと思います。 先発の石川は、調子がよさそうでしたけど、5回から球がうわづいてフラフラの状態に。 ただの疲れでこうなったのならいいのですが。 オープン戦で調子が上がらなかった、周東と栗原をスタメンで使うことに...
アビスパ

アビスパを巣立った冨安 どこまでもビックに

冨安と吉田による最終ラインの安定感。遠藤の体幹の強さ。山根のスピード。この3つが凄かった。オリンピック代表の中で唯一選ばれている冨安の成長には驚かされるばかり。アビサポの誇りだ!(ケガが軽傷でありますように・・)川崎の山根は、日本のサッカーに合っていると思う。アジリティーが高くて、アジア人でも世界で勝負が出来る選手に見えた。・アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。
ホークス

勝利の方程式探し

モイネロの調整が遅れている今シーズンは特別になる。9回を任せる森は、特別で確定的な存在だが、8回は杉山を、7回には岩嵜をあてがうことが基本路線のよう。さらに、左バッターに対しては、嘉弥真をワンポイントで当てて、比較的調子がよい泉と津森が、杉山と岩嵜が連投にならないように登板していく。特に津森は、今シーズンのブレイク候補の筆頭の立場だと思う。今シーズンは、9回までなのでロングリリーフの投手はいらない...
アビスパ

観戦ルールを当たり前に守ることができる雰囲気を

ゲームの中身ではなく、観戦の仕方やマナーに関する話題が大きくなっていることが辛すぎる。 私は、コロナ対策を過剰にする事には反対派。 食事は家族や少人数で行く分には全く問題ないと思いますし、旅行も少人数で密集にならないのならば、どんどん行くべきだと思う。 ただあくまでも最低限ルールを守ってのことだ。 声を出してしまっている人がいれば、その周りのお客さんが便乗することなく、スタ...
ホークス

栗林vs上林・周東vs牧原という競争だったが

栗林は最後まで状態があがらず。上林はやっぱり波がある。この二人を競わせた結果だったが、結果を出したのは真砂だったか。オープン戦打率.389であれば開幕スタメンのチャンスを与えるべき。そしてセカンド。周東も牧原も2割前後。特に周東のバッティングには迷いがある。ここも、川島のスタメンが採用されるかもしれない。この4人の状態が上がらないから、打線がつながらなくて、サッカーみたいな得点の試合ばかりになって...
アビスパ

鳥栖戦0-0 上位との難しい試合、相手のポゼッション能力の高さ

アウェイで勝ち点を拾った結果はそれなりに大きい。 しかし、試合内容の差は認めざるを得ないのか。 GK朴のフィードの正確さが素晴らしく、後ろから確実につないでいくゲームの作り方。 鳥栖の後ろのパスが確実で、多くの機会でスピードのあるサイドの選手に運ばれて、チャンスメイクを数多くつくられてしまった印象。 鳥栖のパスの成功率は86%もあるのに対して、アビスパは67%しかなく、セカ...
Others

間もなく発表!七隈線の中間駅名は?

2022年度中に延伸開業予定の七隈線。 中間駅名前はどうなるのでしょうか。 地下鉄の駅名は、基本的な考え方として、 ①駅舎所在地及び駅舎に面する公称町名、 ②他の交通機関(電車、バス)の駅名、 ③駅舎に近接する公共施設名 などが考慮されて決定されるそうです。 中間駅の場所は「祇園町」。 七隈線の駅は別名にしないといけない。 候補として考えられるのは、次の駅名。 ・キャナルシティ...
ホークス

川島 恐ろしいほどの左キラー

今日は、KBCラジオで、森福のちょっと辿々しい解説を聴きながら観戦していました。ねずみ除去し、状態の良い大瀬良を今のホークス打線が打てるはずもなく、継投されなかったら、あっさり完封された試合だったと思います。それにしても、逆転打放った川島の左投手打ちが素晴らしい。タイミングの合わせ方が見事なので、左投手が本当に得意なのだと分かる。相手チームの投手継投を撹乱させることができる彼の存在は、とても大きい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました