admin

スポンサーリンク
ホークス

西武戦4-6 ただ負けるだけでなくなんかチグハグ

同じ負けるにしても、今年はなんかチグハグなんですよね。 三振ゲッツー 三振ゲッツー・・ 多くはないチャンスを自ら潰すことが続き、げんなりしてしまいます。 本多コーチが主導する積極走塁が、あまり身に付いていないような気もします。 攻撃の荒が目立つのは、やはり打線がつながっていないから。 防御率6点台である今井の先発は、西武にとっても 仕方なくなんだから、...
アビスパ

愛媛戦2-1 ファビオが目指す形を現実的に落とし込んだもの

終盤の みにくい時間稼ぎはつらいものがあったが、 まあアウェイで勝ち点3。 J2残留のためには大事な勝ち点になった。 相手のプレスが弱くて下手だと、高い位置からのプレスをかけてもバランスが取れる。 城後のポジションを下げてのダブルボランチが今年の現実的な戦い方と見えてきている。 城後が後ろで守ってくれ、惇が相手ポジションの間で受けることが出来るようになって、 前...
ホークス

西武戦2-0 エラーもスクイズ失敗も蹴散らした千賀

西武打席が、らしくなく湿っていた感じはしたのですが、 今日の千賀の内容であれば ノーヒットノーランをやってほしいとさえ思えました。 やはり日本を代表するエースだ。 159kmのストレートを西武の打者は芯に当てることが出来ず、 当ててファールにしたとしても、 その球道を体で感じた後に、フォークは打てまい。 二桁安打で2点という打線は相変わらずだが、 今...
ホークス

ロッテ戦2-5 好転しそうにない野手がいる

やはり内川。 2打席目のセンター前はきれいな当たりでしたけど、 こういうジャストミートする打席がほんとうに減った。 ボテボテの内野ゴロを連発する姿を見せられるとすごくつらい。 内川は、2000本を打つ少しずつ前くらいから、急に落ちた。 そして、デスパイネ。 スイングのときに体制が崩れて、本来のバッティングが出来ていない。 来日直後は良かったのに、急激に悪化...
ホークス

ロッテ戦0-1 2軍のようなレギュラー、甲斐は一度外せ

打ってくれそうな雰囲気を打席から醸し出している選手が皆無。 次々とケガで離脱していく選手たち。 残った野手はみんな不調。 どうやって勝てるんかい。 相手ピッチャーは、低めに集まっていたし、 適度に散らしていた良いピッチングでしたけど、 2安打に抑えられる内容ではない。 内川・デスパイネとも上位を打たせる状態じゃないでしょ。 バント失敗でのゲッツー...
ホークス

負傷者続出の危機的状況だから

昨日の1日間で、超手薄な外野手に限って、2人も負傷。 呪われいるというのは、冗談ではないかもしれません。 満を持して、1軍に上げた長谷川が、たった1試合出場したのみで 足首でない別な場所を負傷したという。 調子が良かった福田がすぐに離脱したのも戦力的に痛かった。 どうしてこうも離脱者が増えるのか。 ライト牧原、レフト川島とか冗談のような起用は勘弁してほしいのです...
ホークス

福田とミランダの離脱は大打撃

福田はもってなさすぎる。 柳田らの離脱で自分が主役になれ、 自身の調子も上がってきたところで わき腹の肉離れ(おそらく)。 痛めた打席で、トレーナーを呼ばなかったところに 焦りと「そうであってほしくない」という無念さを感じ取れました。 「バキッ」って音がしたなら、すぐにベンチに下がらないと。 脇腹は長引くような気がする。 で、本当に外野を守る選手がい...
アビスパ

博多の森 来客数2割減

ホーム5試合を終え、来客数は昨年の41,473人に比較して20%減の33,203人(1試合当たり6,640人)にとどまっています。 アビスパ福岡の2017年度の入場料収入は1.9億でしたから、おおよそ3800万の収入減で推移しているということになります。 開幕戦は昨年とほぼ同じであり、ファビオ新体制への期待の大きさを感じましたが、その後はじり貧。 観客席の遠さも原因かもしれません...
ホークス

ロッテ戦0-6 泉のピッチングは1軍レベル

工藤監督は、スパッと試合を捨てました。 こんなにあっさり捨てさせる東浜は、なんとかしないと。 良い球と悪い球がはっきりしていて、ボールを連発したのは、今日だけじゃないですからね。 カードの頭に投げさせると、チームの勢いが削がれる。 最後は泉に投げさせるだろうなと見ていたら、やっぱり出た。 そして内容が良い! 大きく振りかぶって投げる速球は気持ちいいし、 カ...
ホークス

楽手戦6-1 甲斐 急に打ち方・待ち方が良くなる

逆方向に放った3ラン。 逆らわないうまい打ち方で、ようやく大々不振を脱した模様。 その後の打席も、ボールをよく見極めていて、 うまく見えている感じ。 正直、打率0割台の選手は使えなかったし、 毎打席凡打して、渋い顔でベンチに戻る姿を見るのも痛々しかった。 先発の高橋礼は、10勝する投手の内容。 アンダースローなのに138kmで、 左バッターの外角低め...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました