ビッククラブ作りか、共存協栄か

アビスパ
スポンサーリンク
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

J1を少数のクラブ数(もしくは、J1中でも上位クラブに予算を多くつけるよう)にして、ビッククラブを作る構想

各クラブに広く浅く分配金を渡し、共存協栄を図る方法

のどちらが好きですか?

地方中堅クラブの立場であるアビスパからすると、後者が良いですよね。

1部と2部の差が大きい欧州では、スペインが9対1、ドイツが6対1の比率で、Jリーグは2対1程度なんだそう。

競技力や資金力で突出したクラブが育たない背景はここにあり、前者を目指すなら、この比率はまずいはずです。

自分が思うに、東アジアのサッカーリーグなんて、所詮小さなもので、どんなに頑張ってもヨーロッパにあるトップリーグに追いつくことは不可能だと感じています。

ACLを勝ち抜く実力は欲しいですが、分配傾斜を大きくしても、成果が出にくいような気がします。

で、来年は、降格クラブが1つに絞られるのかもしれないのか・・

今年は、なんとか残留しないといけないな。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

アビスパ
スポンサーリンク
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました