千賀 球団と無茶な交渉をせず

ホークス
スポンサーリンク

球団が示す破格の条件を断り、単年契約を申し出て、来年の海外FA移籍を決めたもよう。

ソフトバンクとしては、25億円の譲渡金を捨て、来年1年間のプレーを選択する。

千賀クラスの譲渡金があれば、代わりのMLBの有望選手を獲得可能であるが、その選択を行わない。

お金じゃなくて、千賀と1年間契約したいということだ。

今シーズンを振り返ると、山本由伸の次に内容が安定していたのは彼でしたし、千賀はソフトバンクの顔だ。

来シーズンは、大切な1年になる。

千賀以外に、エースと呼べそうなピッチャーはいないのだから。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

タイトルとURLをコピーしました