千賀・栗原・柳田・甲斐 みんなが活躍して満足満足

ホークス
スポンサーリンク

壮行試合でもガッツリ打たれていた千賀が、本番で圧巻のピッチング。

アメリカ打線に千賀のフォークの球筋を見せたくなかったので、すぐに代えてくれと思うほど。

高めのストレートでも空振りが取れたので、球威が戻っているのかもしれません。

正直、千賀の使い所が分からなくなっていたので、相当にホッとしました。

栗原は、バントのサインに、勘弁してくれと思ったのでないでしょうか。

普通は、あんな場面でこれほどの重責を担いたくない。

あそこで失敗してたら、野球ファンみんなから恨まれていたはず。

そして甲斐は、シーズン序盤の頃と同じように調子が良い。

下半身に粘りがあって、泳がない。

甲斐が下位打線の厚みを作ってくれるから、日本の打線の得点力が上がっている。

次戦は韓国か。いろいろと面倒なので、本当はやりたくないんだよね。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました