ロッテ戦3-2 中継ぎの質と甲斐の勝負強さ

ホークス
スポンサーリンク

途中、イラッとしてたんですよ。

最小得点差のまま、ロッテの中継ぎ投手を打ち崩せ無くて、そのままクローザーにつながれる、まるでホークス勝ちパターンの逆の展開に持ち込まれていたので。

特に、絶好調の唐川は打てそうになかった。

唐川をこちらのクリーンナップに当ててきて、きっちり抑えられたところでは、かなり危ない展開になっていたと思う。

しかし、今年は勝負強い、甲斐が試合を決めてくれました。

低めのストレートをうまく詰まらせて打ったのは見事。

逆に益田は、ストレートをあんな風に弾き返されるようでは、球威不足と言えるだろう。

価値ある逆転劇で、首位をキープ。なかなかいい感じです。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました