横浜FC戦 0-2 加藤・山田 新戦力の手ごたえ

アビスパ


開始直後だったか、相手の速攻時の縦への速いパスが、バイタルエリアに運ばれたとき、

素早く戻ってスペースを消していた加藤の運動量を見て、これはチームの戦い方も変わるかも感じました。

横浜FCの松尾のスピードに手を焼きましたが、その裏のスペースは十分に活用。

戻ってきた松田と石原が再三にわたって裏を突いて、中央へのパスを繰り返せたことは、グッドポイント。

ヤンのシュートのどちらかでも入っていれば、勝ち点1を拾えていたと感じた試合でしたが、至極残念。

山田も意外に展開力もあって、戦力増になっていたと思います。

高さもありますし。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました