Others

スポンサーリンク
Others

人類が注目するイベントを日本で完遂した事実

賛否両論ありながら、日本が世界に約束したオリンピックをやり遂げることができました。秩序ある日本と日本人だから実施できたのだと信じたいです。前例のない困難な状況でも、アジアで初めての2度目のオリンピックを大きなトラブルなく実施できたことに誇りを持ちたいと思います。私の周りにも、コロナ感染で治療中の方がいます。全ての方に理解いただくことが難しい大会でしたが、人類が4年に一度結集できるイベントを我々の国...
Others

100×4リレーと松岡修造のインタビュー

個々人の噛み合わせにより、力のある国々を破っていく、リレー種目に感動します。 この種目に、日本人の特性を重ね合わせたくなるものがあり、自尊心をも感じさせられます。 そんな注目のレースでのバトンミス。 桐生が涙ながらに話した「後ろがうらやましい」という言葉にうたれました。 予選でタイムが伸びなかったことが、今回の事故の遠因です。 とにかく攻めすぎて、第2走者が前に出過ぎました。 ギリギリ...
Others

イチャモンで味方ピッチャーのリズムが狂う

韓国も良いピッチャーが多いし、1番バッターの選球眼なんかは素晴らしいと思うんですけどね。 変なイチャモンつけてくるから、リズムが狂う。 負けたら、マウンドに旗を立ててくるようなチームに勝利して、きちんと整列して一礼する日本代表が誇らしい。 それにしても日本は、下位を打つ甲斐と1番を打つ山田哲人の調子が良いから、打線が繫がる。 甲斐は、山本らの球を小気味よく受けていて気持ちよさそう。 スト...
Others

バテバテのスペイン戦

120分の試合の連戦を続けてきた両チーム。ゲーム後半からバテバテの状態になってしまい、少しかわいそうでした。しかしながら、レアルでレギュラーをはっている選手が途中出場してきて、良いパフォーマンスをするのだから、スペインの方が層が厚く、ゲームを制する要素になったと言わざるを得ません。今日は冨安が試合に出れませんでしたけど、日本の守備は安定していると思います。カウンターで何度かチャンスを作ることができ...
Others

野球競技のトーナメントに愛着が出てきた

東京オリンピックに認められた新種目の参加人数は、その全種目で最大500人という制約がつけられていて、野球とソフトボールは選手数が多くなってしまうので、6チームしか参加させられなかった。 しかし、サッカーみたいに、リーグ戦とトーナメントを組んで盛り上げたい。 ならばと組み上げた超変則なこのトーナメント表。 リーグ戦の1位は試合間隔を開けられるというアドバンテージが与えられる。 野球は、先発投...
Others

金メダル確実と言われたものこそうまくいかない

柔道の団体戦、白熱した試合に手汗びっしょりになりました。一人目の新井選手が、1階級軽いクラスの選手に完敗したことが痛かったです。しかし、全試合ともフランスが優位に見える試合内容で、柔道強国フランスの底力を感じました。ちょっと組手争いを嫌ったり、危ない攻めをしてきたりと正攻法でないときもありましたが、よく日本の柔道を研究してきているのだと思います。メダル数だけ見て日本が圧勝というわけでないところに、...
Others

前人未到

これまで誰も成し遂げられなかったことを達成する瞬間。 これが、一番感動する。 フェンシングのようにいかにもアジアの選手が勝てそうにない種目で、日本人選手が次々と結果を残していく。 太田選手がメダルを獲得したときも驚かされましたが、団体で金メダルとは! しかも、全身が有効面のエペでは、体の小さいアジア人種では困難と言われていたのに、世界の頂点に立った瞬間を見ることができ本当に嬉しく思います。...
Others

相手選手をリスペクトするアスリートを見たい

桃田選手を負かした韓国の選手とその国民が、「日本に勝った」とやんややんやしているのを見ていて不快に感じていましたが、ウルフ アロン選手に負けたチョウ グハム選手は、畳の上で相手を称える仕草をし、お互いの健闘を称え合うハグをしていて、グッときました。体操団体で対戦した中国の選手もフレンドリーに相手の演技を称えていたことも好印象に感じていました。それと、靭帯が切れて痛みをこらえながら戦ってきたバトミン...
Others

強さの伝承 ―体操競技―

競技別のメダル数で、体操は柔道よりも多いということに驚きました。偉大なる体操のレジェンドたちが築き上げた伝統を絶やさない。日本の強さを感じました。橋本の鉄棒はすごい。最終種目を残して、0.4も差があれば、普通は追いつけないと思うのですが、軽々とこの差を超えていく。オールラウンドな練習をしなければならないのに、鉄棒で15点前後の得点を稼げる能力がすごすぎる。そして橋本は19才。北園選手もまだ10代。...
Others

サーフィン すげー競技だ

この波の捉え方は、どんな技で何点の演技なんだろうと見ていたら間違えだった。波の料理の仕方、独創的な動き等を、審判員がざっくり見て点数を付けるのだそうだ。フィギュアとか体操みたいに、戦う舞台が統一ではなく、2度と同じものが無い波を相手するかららしい。クリティカルポジションで攻めているような感じなのは分かったりしますが、素人には正直分からない採点だ。しかし、波に直角にぶつかり、波のトップを滑ったり、中...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました