西武戦3-2 好調な栗原が打線を引っ張る

ホークス

エースの有原に対峙するピッチャーとして、若い投手を指名した西武。

高橋光成を下に落とすと、頭数も厳しくなってきたのかと感じるとともに、ホークス戦は勝敗に強くこだわらない戦略になっているようでもありそうです。

しかし、試合展開は思いっきり接戦に。西武とはものすごいゲーム差がついているのに、いつもこういう試合展開になります。

栗原の状態は、今がベストですね。

先制タイムリーの打席では、泳ぎ気味になったのに、ファールになりませんでした。

最終回にオスナを送った采配と、8回のチャンスで緒方をそのまま打席に送り出したのは小久保監督のポリシー。

今はそれがうまくいっていいので何も文句が言えない。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

ホークス
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました