京都戦3-2 岩崎と紺野 それぞれの個性が光る

スポンサーリンク
アビスパ

今日ザヘディは、周りを使う動きが多かった。

無理をしないでキープを試みたり、一人で突っ込んでシュートに持っていかなかったり。

先制点はそのザヘディが、うまく相手の股を抜いて放ったパスを佐藤凌我が合わせてゴール。

凌我は、ケガを乗り越えてのゴールとなり本当に良かった。

その後、完璧に崩されたわけでもなく、2失点をしてしまったのだが、最終ラインの懸命な守備は目立っていましたし、アウェイながらも、ゲームを支配していたと思います。

岩崎は、相手に走り勝ってクロスを上げるシーンを何度も作ることができていました。

その彼からのクロスをキレイに合わせた紺野のボレーが美しすぎます。

個人技で負けていない京都を相手に、アビスパの各選手たちがいつもどおりのプレーをして、敵地で3点も奪えたナイスゲームでした。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

アビスパ
スポンサーリンク
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました