オリックス戦4−1 監督とスチュワートが満面の笑顔

スポンサーリンク
ホークス

さすがは 今シーズンブレイクしている エスピノーザ。

コントロールされた動く変化球で試合の 盤は芯に当てることがかなり困難でした。

対してスチュワートは、荒れまくっていて、変化球のサインに何度も首を振って無理やりストレートで抑えようとするような状況。

試合展開を変えたのは下位打線の粘りとバスボール。

今シーズンのホークスの打線は、上位打線には破壊力、下位打線には試合の展開を変える打開力があるように感じます。

5回の川村の2ベースがすごく大きかったですし、6回のパスボールでチャンスが広がってゲームの方向性が決まりました。

それと我慢して6回まで投げさせた小久保監督の優しさが、スチュワートのモチベーションを上げることになりそうです。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。
ホークス
スポンサーリンク
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました