名古屋戦1-0 歴史はさらに開かれる、アビスパ国立の決勝戦へ

アビスパ

アビスパは前半から、すばらしかった。

名古屋の展開は正直遅く、アビスパが何度も人数をかけて奪い取れるシーンがありました。

ボールを奪取したら、ウェリントンに当てて、紺野と山岸が前にダッシュ。

特に紺野にスペースが与えられた時は、ドリブルでかなり攻め尽くせました。

そして、三國とウェリントンのツインタワーが、CKで相手を危険に陥れます。

二人が次々と高さを活かして競り合い、最後はウェリントン。

長谷部監督が三國を信用し、ここで結果を出したことに大きな意味があります。

ルヴァンカップのアビスパは後半からが恐ろしい。

主力をどんどん投入してくるので、守備の強度がまったく落ちない。

井手口が鬼のプレスバックで、相手のシュートチャンスを潰すシーンなど見ごたえがありました。

ぶっちゃけ、名古屋の攻撃のスピードは遅かったわけなのですが、決勝ではそうはいかないことはわかっている。

星を胸につけられるかどうか、そんなことを考えられるだけでも幸せすぎる。

内容的に名古屋を圧倒するアビスパって!

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

アビスパ
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました