戦力外と現役ドラフトの境界線

ホークス

今年の現役ドラフトの最有力候補は、

リチャード

または

高橋礼か。

リチャードには、何度も何度もチャンスを与えられたが、変化球への対応という課題を最後まで克服できなかった。

王会長からの期待も未だ残っているだろうから、戦力外とはならず、現役ドラフト対象となるのではないかと予想する。

高橋礼は、トレードの打診をできるだけ行って、だめなら自由契約になる立場と思える。

リーグが変わればチャンスがないか。できれば現役ドラフトではなく、トレードを画策してほしい。

次に、上林。

先日の試合で、不自然に起用されていたのが、逆に戦力外を思わせることとなった。

打席で見せた自信の無さが、他球団への移籍で変わることができないかとも思っています。

上林の素質は、全ホークスファンが分かっていますから。

あと、椎野にも現役ドラフトの可能性があるのですが、高橋礼よりもワンランク、戦力外寄りの立場だろう。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

ホークス
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました