コスタリカ戦0-1 引いて守る相手に対応できる選手を連れていったのか

アビスパ
スポンサーリンク

もう、ショックが大きすぎて、立ち直れない。

今まで気持ちよく聞いていた、カタール大会の「ジングル」を聞くだけでイライラしてしまう。

5バックで引いている相手に対して、どうやって攻め手を作るのかというのは、サッカーの定番の考察事項だったと思う。

ドイツは、もっと早くワンタッチでボールを回してギャップを作っていた。

日本のパススピードはどうだったか?

スペースが無いので、縦のパスを出す相手をつくられなかったのではないか。

そもそもポストプレーが出来る選手がいたのか。鎌田が孤立しているシーンばかりだったと思う。

唯一ギャップ作れていた三笘をもっと使うべきでもあったはず。

テレビでは「切り替えて」という言葉ばかりですが、ドイツ戦のきせきが帳消しになった事実はあまりにも重い。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

アビスパ
スポンサーリンク
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました