楽天戦6-2 たぶんシーズンの中で一番強い

ホークス

4番打者と5番打者が、ランナーを置いて、ホームランをかっ飛ばして、得点差を広げる・・

こんな試合展開は、シーズン中に1度も味わえていなかった。

先発投手が固定できず、普通は負け試合の展開になりそうなのに、立ち上がりだけ少し球が浮いていた涌井をきっちりとらえることができる 好調な打線だ。

周東・三森・牧原・中村ら、中軸の周りを打つ打者も、調子が良い今は、どう考えても、シーズンでチームの一番状態良いのではないだろうか。

試合展開としては、6回の鈴木のスクイズ失敗が大きい。

嘉弥真のスライダーを左バッターがバントするのは、やはり難しいのだと思う。

もしかして、今の状態なら、ヤクルトともよい勝負ができるのかもしれない。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

ホークス
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました