神戸戦0-0 互角以上の戦い、アビスパの強みが随所に

アビスパ

Jのビッククラブである神戸を相手しても、全く引け目の無い内容で十分に勝つチャンスがありました。

クルークスの突破とそれを追い越す動き、ルキアンの裏を狙う危険なプレー、山岸のポストプレー。

どれも監督が思い描いているであろう、アビスパの選手の強みを活かした攻撃で、ワクワクを感じました。

確かに、決定的なシーンも作られましたけど、アビスパもルキアンがフリーで外したシーンもあって、総合的に五角かアビスパのほうが上に見えたゲームでした。

相変わらず、前線からの守備が素晴らしくて、神戸のボールの動きが遅くなり、アビスパの守備のギャップがほとんど発生しませんでした。

最後に入った、田中達也とフアンマのチャンスメークもかなり良く、攻撃のパターンは昨年以上に増えていると思います。

勝ち点3を取ることはできませんでしたが、アウェイの神戸戦で引き分けというのは、かなり自信になりそうです。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

アビスパ
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

タイトルとURLをコピーしました