大分戦1-0 3バックでの挑戦

アビスパ
スポンサーリンク

大分の3バックが、ジョンマリと山岸に、きつく当てってきて前線でボールを収められない。

特にジョンマリは、高いボールに競れてなく、ロングボールからの攻めがことごとく切れてしまうことに。

対する大分も、上位のクラブの選手と比べると、ラストパスの精度が低くて、互いにゴールまで繋がらないプレーが続きます。

前や中村が中盤でボールを奪ったとき、4-4-2であれば、金森などがサイドに開いて、攻撃を広く展開できるのですが、クルークスがそういった攻撃の流れに参画できません。

ただ、この試合は来シーズンに向けたチームのオプションを作ることも目的なので、我慢しながら見ることとなります。

前半のゴールは、大分の守備を全く崩せていないのに、志知の完璧なクロスにジョンマリがすごいフィジカルを活かしてヘッド。

あの位置で、力強くぶちかませる強さが際立ちます。

さすが、高額サラリー!

(ノンリスペクトプレーで長谷部さんに怒られ、片野坂監督に試合中に謝罪に行くことに、、)

前半は、大分の攻撃が横に広く展開されて、捕まえにくかったのですが、後半からはそうでなくなって、守備の難しさは下がりました。

志知・グローリのパフォーマンスも高くて、みごとなクリーンシートだったですね。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

タイトルとURLをコピーしました