楽天戦1-2 マルティネスの声

ホークス
スポンサーリンク

ホークスというチームにとって、長年をかけて積み上げてきた「強み」と感じていたものが、ガラガラと今 崩れ落ちている。

マルティネスが孤軍奮闘で投げ続け、ベンチからも大きな声で鼓舞しているところを見てしまうと、むなしい気持ちになってしまう。

ファンもつらいが、選手もつらいことだろう。

モイネロのモチベーションを下げたことと、森が復調しないままに投げてもらっていることを責めても仕方がない。

今日の試合も、もうちょっと打線が援護しなければ勝機が生まれなかったと思います。

早川は、いいピッチャーですね。

低めにビシビシ決まるわけではないのですが、ストレートに負けないように構えていて、そこからキレのある変化球を投げ込まれれば、高めの球でも空振りしてしまいます。

甲斐はタイミングがあっているようでしたが、そのほかの選手はダメダメ。

いろんな意味で力負けですよ。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました