西武戦7-8 戦力の脆さ>調子の良さ

ホークス
スポンサーリンク

デスパイネの逆転打は、ある意味奇跡的でチームの勢いをさらに加速するような結果でしたよ。

しかし、投手陣の整備されていない脆さが露骨に表に出てしまい、敗戦に直結してしまった感じです。

東浜を使えずに、杉本で勝負するしかなかった先発投手。

そして、直球の勢いが戻らず、病み上がりの森。

首位を狙えるかもと興奮する実況中継のアナウンサーのセリフが、なんとも言えない虚しさをそそります。

森は、経験があって度胸もあるから、なんとか通用しているところもあったのですが、審判との相性が悪く、ボール先行になってしまうと、力んで球が浮いてしまったようだ。

柳田のタイムリーで、運の良さを感じたあとに、松本の失点を見ると、運の悪さも感じたりもする、精神的のまとまらない試合でもありました。

タラレバの話しですが、この試合をレイが投げて、6回くらいのイニングをまとめてくれていたらなぁ。。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました