日ハム戦1-4 前半は杉山でワクワク、後半は超モヤモヤ

ホークス
スポンサーリンク

杉山の投球は、見ごたえがありました。

コントロールはかなり適当ですが、どのバッターもファールばかり。

1軍の打者からは、空振りが取れずに、杉山も苦しさを感じたことと察しますが、らしい投球をしていたと思います。

152kmくらいまでに腕の振りを抑え制球重視で投げた時は、もう少し低めに集められるようになれば。先発として十分通用するでしょうし、スライダーを内外角くらいに投げ分けられるようになれば、勝てるピッチャーにもなりそうです。

ファームではすでにレベチになっていますから、1軍でどう成長できるかを見届けて応援したいと思います。

しかし、どんなに杉山でワクワクしようとも、今日の上沢の調子の良さではどうしようも無かったです。

緩急を付けられるし、変化球で縦にも横にもかわされる。

足でかく乱するなどして、前半で1点でも取れていればよかったのだろうけど。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました