ロッテ戦4-5 ロッテの戦いぶりを見ていると思い出す

ホークス
スポンサーリンク

ホークスが強かったときを。

かつては、序盤の競り合いで多少負けていても、ホークスが抱えていた潤沢な中継ぎが抑えている間に、

打線がしぶとく点を取って逆転する試合が多くありました。

競った試合の流れでも、負けないだろうなという自信みたいなものを感じながら試合を見ていたものです。

それが、相手のロッテ側から感じるんです。

佐々木と増田の安定感は抜群だし、7回に確変した国吉がいるということに、強さを感じます。

DeNAで1軍投手として普通に投げていた生え抜きの選手を獲得したフロントのファインプレーが、ホークスとのチーム力を大きく開かせているようです。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました