日ハム戦5-17 初回11失点の背景

ホークス
スポンサーリンク

今シーズンは、毎度毎度で、「シーズン最悪の試合」と言っているような気がしますが、今日の試合もまたそんな感じ。

あれよあれよという間の大量失点でしたが、どうしてこうなったのでしょうか。

石川の不調・・・四死球を3つも与えてしまうほど、コントロールが定まっていませんでした。リズムで投げていく投手ですから、一度崩れてしまった調子は戻しようがありませんでした。

日ハムの明確な戦略・・・パワーカーブを捨てるように指示が出ていたと思います。特にボールになる球には一切バットが出てこず、外角に逃げる変化球をことごとく見逃され、石川は苦しくなっていました。

野手の入れ替え期の問題・・・最悪だったのは今宮のエラーでしたけど、リチャードのエラーもプロのプレーではないもの。若い選手へ入れ替え時期に、守備の質の悪さについて、目をつむって戦っていかなければならないのでしょうが、ここまで一気に戦力を落としてしまうのは、フロントのミスでしょうね。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました