オリックス戦11-4 宮城を回避した余裕

ホークス
スポンサーリンク

オリックスは、優勝に向けての逆算を始めている。

山本と宮城のローテーションをずらし、連敗しない確実な戦い方を目指しての采配。

また、ソフトバンク包囲網なんてものは必要が無くなったから、スパークマンを試してきた試合となったが、このチャンスをソフトバンクが活かした結果になった。

何の変哲もない甘いボールでさえ、ひっかけてしまう程の超どん底の状態だった甲斐に、ようやくヒットが出て、チームとしてつながることとなった。

さすがに直近打率が1割に満たないしかいない野手が打線に入ると、繋がらなかったここ数試合。

ようやく下位から上位につながり打線として機能した試合ができたことがうれしい。

とはいえ一線級の投手には厳しい打線であることは間違いなく、みんなが突然変異的に調子が上がらないと A クラスさえも厳しいと案じている。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました