楽天戦3-6 インコースを攻めきらなかった

ホークス
スポンサーリンク

マウンドが合わなかったという事情はくみとれる。

しかし、インコースを指示した甲斐のミットよりもだいぶ真ん中に流れてきたボールは、ホームランになりやすい球。

3ランでベンチも意気消沈しちゃって、跳ね返そうとする気迫を感じない。

栗原が、外野フライを落としそうになって、笑いながらベンチに戻っているのを見て、私の気持ちも萎えた。

絶対に取り返すんだという気迫が、野手から感じない。

今日のスタメンのコンセプトは、戻ってきた牧原を1番に置いて、そこを軸にすることだった。

ただ、気持ちが乗って無いように見え、打線が繋がらない。

それと、外国人野手が全く機能していないこと。

外国人野手が足を引っ張っている現状では、Bクラスに落ち着くことになるだろう。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました