徳島戦3-0 補強・予算の差があった

アビスパ
スポンサーリンク

まずは、サロモンソンのケガが長引かないことを祈りたい。

ボールの上に足が乗ってしまって、体の制御ができないまま、肩から落ちてしまった。

数試合の出場停止は痛いが、今日のゲームで残留がほぼ確定したので、しっかり治してからピッチに出てほしいと思う。

徳島は、今日の福岡戦を意識していて、いつもと違う3バックで臨んできます。

しかし、ゲーム中に選手どうしが、その対策を話し合い、ピンチにつながりそうになるプレーから防いでいたと感じました。

先制した金森は、体幹の強さを活かして、振り向いてのゴール。

彼はあのプレーに自信を持っているし、その自信が良いコースに流し込める落ち着きにもつながったように見えました。

ジョンマリの2ゴールとも、重廣が「後はよろしく」と言わんばかりのパスでおぜん立て。

カメルーン代表の試合が重なると、アビスパでのゲームはほとんどできなくなるはずなので、今日の2ゴールは、本人もサポーターにも大きな満足感を与えられたはずだ。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました