オリックス戦0-2 若い打者が育っているオリ打線との違い

ホークス
スポンサーリンク

山本は、すごいコントロールだよ。

どの球も狙ったコースに投じられているのが分かるし、ここぞという時はフォークで空振りが取れる。

どの打者も、追い込まれるのを嫌って、早打ちばかり。

早打ちするとしても、どの球を狙えばいいのか、指示も統一されていない。

行き当たりばったりで、今日も完封されての完敗。

ベンチには、もうちょっと明確な対策を立ててほしいと思う。

足を徹底的に使って、投手のリズムを乱れさせるとか。

3回のチャンスで1点でも入っていれば、9回まで山本が投げられず、終盤にワンチャンスあったかもしれないが。。

オリックスは、ドラフト上位の野手がしっかり育ってチームに貢献している。

かなりの差がついた。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました