日本野球のプライド

ホークス
スポンサーリンク

試合展開がシビアになったのは、1アウト満塁で、柳田が最低限の仕事ができなかったから。

2球目にインコース低めに落とされる最高のボールで追い込まれたら、全部待ちの状態になってしまって、余裕がなくなってしまった。

そして、ソフトバンクファンの心臓が高まったのは、千賀が四死球を出してしまったシーン。

追い込んでから、互いのサインに首を降っていたのには参った。

甲斐 「相手バッターは、ストレートに押されている。思いっきり投げてこい」

千賀 「フォークで空振り取りたい」

甲斐 「イヤちょっと、今日のお前のフォークはボールになる」

結果、ストレートでアウトが取れて、本当に良かった。

ソフトバンクの選手が大活躍しての金メダルではないですけど、マルティネスを含めた金銀コンビで、シーズンも活躍してほしい。

そして、ロサンゼルスオリンピックで、再びアメリカと決勝で戦えることを願っています。
ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました