G大阪戦0-1 ハンドつーか、当たったのはユニフォームの布

アビスパ
スポンサーリンク

心底悔しい。

負ける試合の流れではなかった。

サロモンソンがベンチにもいなかったため、湯沢の上がりの少なさが目立ってしまっていた。

その代わり、クルークスが自由にプレーをしてましたけど、左足の方は封じられてましたね。

前半は、中盤の攻防が個人の技術力で負けていまい、ボールロストが多かったのですが、だんだんとオープンな展開になると、アビスパの縦の推進力が効いてきて、ゴール前まで運んで、あと一歩というシーンが多くなって面白いゲームでした。

山岸の得点取り消しのシーンは、トラップで右側に小さく落とそうとする動きは良かったのですが、右肘に当たったのは、ほとんど布だけ。

VARが無ければ一連のプレー全体を判断されて、絶対にゴールなんだけど残念すぎる。

もどかしい思いのまま、だいぶ間が開く8月9日の試合を待つこととなった。

中村がボランチに入れば、前半のように、ボールが全く繋がらないような時間帯は減るのだろうか。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました