楽天戦2-4 東浜は論外、三森も反省を

ホークス
スポンサーリンク

前半戦を締めくくる今日の試合。

しっかり「勝って終わってほしい」というファンの強い願いは、もろくも崩れてしまいました。

何なんでしょうね、東浜は。

自分でも、どうコントロールしたらいいのか分からなくなっている。

カーブもシンカーも高めに浮いて、無理に低めに制球しようとすると、ワンバウンドになってしまう。

大事な試合を任せられるレベルに到達していない。

中断期間で、しっかり再調整してほしい。

1番打者として頑張っている三森にも苦言を言いたい。

初回の送球ミスは、プロとしてあるまじきもの。

あそこで3失点目を与えて、岸に大きな余裕が生じてしまった。

5回の松田の一発の後に、ランナーが出た直後の打席でフライを打ち上げた工夫の無さもチームプレーができていない。

ああいうところで、ランナーを送ることができるバッティングができてこそ、本当の1番打者になれるはずだ。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました