オリックス戦7-4 優勝争いに踏ん張れた3要素

ホークス
スポンサーリンク

宮城と初対戦。

カーブとストレートの緩急差、

変化球でも変わらない腕の振り、

2段モーションを使ってのタイミングのずらし方、

なるほど勝てる投手だ。

ところが、どうも今日は調子が悪かったようで、各打者が3ボールまで粘って、カウントを有利にしてから出塁できるケースが多数。

4失点しても、終盤勝負に持ち込むことができた。

劇的な勝ち方となり、オリックスに奇跡の2勝ができたのは、

・三森1番が得点に繋がっていること

・柳田の復調

・モイネロ復帰によるリリーバー投手のやりくりの多様性

この3つがうまく噛み合っているからのように見えた。

野村や尾形のような若い選手から必死だが伝わってくるのも良い。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました