西武戦0-1 平良を打ってモヤモヤを晴らしたかった

ホークス
スポンサーリンク

佐藤は、ベースにスライディングした後に、左手でベースに触れた状態を作ろうとしたら、スパンジェンバーグの手に絡まり、そのままタッチアウト・・

なんだよこの悲しすぎるアウトは。

いろんなことがうまくいかなすぎて、呪われているんじゃないかと思う。

髙橋光は、低めに丁寧に投げてきていて、その低めの高さで、ベース板ギリギリにボールを動かしてくる。

特に右バッターから外に逃げる球に、各打者はクルックル。

絞り切れないまま打席に立って、ボール球を振り続ければ、チャンスが生まれてくるはずがない。

先頭バッターの柳田がファーボールで出て、そのあとににバントで送れずにチャンスをつぶすシーンを見てると、今シーズンに繰り返されるリプレイを何度も見せられているよう。

せめて、髙橋光の球数を増やす策が取れなかったのだろうか。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました