楽天戦2-3 この3連敗の辛い感想

ホークス
スポンサーリンク

去年まで、ホークスがやっていた勝ち方を相手にされたなという思いです。

相手の小さなミスに付け込んで、先制点を奪い、6回移行は中継ぎの小刻みなリレーで最小リードを守っていく。

結局、強いチームというのは、ボカスカ勝っていくものではなくて、ギリギリの試合をうまく守りきって勝っていくものなのかなと、敗者の立場で感じました。

1番の三森が機能し始めても、柳田と栗原の二人ともがだめで繋がらず。

柳田は、縦の大きな変化球で、ボール球を振ることが多くなった。

あの空振りは、相手から研究されていると思う。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました