楽天戦2-3 危険球を受け、相手に流れが行くという

ホークス
スポンサーリンク

危険球を受けなければ、もう少し点が入っていたはず。

とことん運がない。

いや、たった3点すらも跳ね返せない、打線に力がない。

初回の3失点は、マルティネスでもしかたがなかった。

茂木の粘りがすごかったし、あそこでストライクゾーンギリギリに投げ込むのは困難だ。

もうちょっと先発を援護してあげられないと試合にならない。

センターに佐藤、ライトに谷川原、二人ともファームで打ちまくっての昇格じゃないので、凡打連発に引いてしまう。

谷川原の当てるだけバッティングでは、チャンスが広がらない。

柳田の前後で打てる打者が足りない!

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました