神戸戦1-2 中盤で奪えた前半、サイドを活かせなかった後半

アビスパ
スポンサーリンク

イニエスタと久しぶりのアビスパの試合を楽しむことはできました。

ただ、僅差の結果で負けた事実は、厳しい。

クロスを含めてパススピードが早い神戸の攻めは、1失点目の時のように、カバーの選手のスペースを突かれて失点に直結。

それでも、中盤から最終ラインに出てくるボールをうまく引っ掛けて、カウンターをはめられていたので、それなりにうまくいっていたとは思う。

後半は、バイタルにボールを運ばれ、そこのスペースでコントロールされるシーンが多くて、奪って速く攻めることができなかった。

クルークスとサロモンソンの被りもあって、攻撃の流動さも足りなかったようにも見えました。

さらに、左サイドバックの志知の欠場が響いている。左右のチャンスメークの質が違いすぎる。

アビスパ福岡ブログランキングで、・アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました