日ハム戦1−2 編成・ドラフトの長年にわたる問題が一気に

ホークス
スポンサーリンク

2割打者が並ぶ打線では、試合を作れない。

上沢のチェンジアップを攻略できる打者は、今のホークス打線から一人も現れず。

相手のエースと対戦する、カード頭の試合は、特に勝率が悪いと思う。

エース級を攻略できる策が、正直無いのだ。

相手に合わせて、右左を揃える?

ファームから選手を上げる?

2番に、ヒッターを置く?

全部ダメ。

野手の育成に失敗したツケが、モロに現れているようだ。

あと一人の支配下枠を使い切ったっていいじゃない。

緊急事態のための残り一枠というのなら、今使わないのなら、いつ使うの。

(選手は悪くない)大関投手の支配下登録の判断も、全体最適化という面ではミスジャッジじゃないのか。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました