野手のトレードを考えないのか

ホークス
スポンサーリンク

他球団では、トレードが活発化している。

ホークスはどう考えているのだろうか。

-交流戦のチーム打率が低迷していたこと。

-サードの後継問題が解決していないこと。

-代打に起用した選手の結果が出ていないこと。

こういった客観的事実からも野手のトレードは、強く前向きに考えるべきだと思う。

一方、1.5軍レベルの投手は多い。

投手対野手でのトレードが、win-winな取り引きになれるチームがあるのではないか。

2対2も視野に入れ、思い切った策を打つべき時期にきていると思う。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました