広島戦1-1 プロが、シチュエーションを判断できない

ホークス
スポンサーリンク

武田は、セリーグの打者を相手にすると、結果が出る。

いつも以上にストレートがきれていたようではあるが、広島打線が高めのボール球をずいぶん空振りしてくれて助かった。

武田の軌道を見慣れているパリーグの打者であれば、四球が増えていたと思う。

それでも大瀬良と投げ合っての1失点は立派。

試合総合的見れば価値ある引き分けだと思う。

しかし、9回の攻撃はひどかった。

先頭バッターが出塁して、送りたくても、柳田の敬遠があるので我慢していたベンチの思いを、プロの選手が感じ取れないのだろうか。

あの辺の詰めの甘さが、今のチーム成績に繋がっている。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました