巨人戦3-4 どこまでも当たらないベンチの策

ホークス
スポンサーリンク

6回ノーアウト1,2塁のチャンスで、栗原にバントをさせたベンチの策。

これが今日のゲームの結果に直結した。

この交流戦は、牧原と栗原そして柳田の3人が結果を出している。

ましてや、得点圏打率の高い栗原でバントを選択し、柳田を自動的に申告敬遠に結び付けさせたベンチの策が愚策すぎた。

7回のチャンスでは、バレンティンに対して、球が速いビエイラを当てられるなんて、完ぺきに相手の術中にはまっていたではないか。

これだけチャンスメークができて、残塁が多くなってしまったのは、ベンチのせい。

こういう勝てる試合を落としていては、パリーグ全体の交流戦の勝敗数にまで迷惑をかけてしまう。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました