大分戦1-2 3バックの対策を再検討すべき

アビスパ
スポンサーリンク

輪湖の横にロングボールを蹴られて、そこから縦の突破を図ろうとしてくる大分。

スカウティングどおりにコトが進んで、さぞかし気持ちいいだろう。

2試合続けて、3バックのチームを相手に対して、中盤でボール拾えず、試合の前半を大惨事にしてしまった。

スタメンでフアンマを起用するか、4-2-3-1にして、重廣を前目に置くか、どちらかの策を取って欲しかった。

サイドが高く上がって、横に広くボールを動かしてギャップを作る動きで点を取るのがアビスパの形。

中央で突破を図ろうとしても、さすがに厳しい。

金森の役目も曖昧。

サロモンソンが孤立化しているのは、2人が同時に仕掛けて、スペースを作れていなかったようにも見えた。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました