中日戦3-3 私がいままで見た最悪の”置きにいった球”

ホークス
スポンサーリンク

笠谷は、1球1球の球の質は、悪くないから逆にたちが悪い。

ベンチは最初からショートスタートと決めていたのに、そこそこ通用していたから代え時を間違った。

2者連続でファーボールで、投手コーチと監督ががっつりベンチで話し合い、継投をさせたのだから、ベンチは言い訳しようがない。

変化球が全く入らなくなって、ゆっくり腕を振ってコントロールだけを狙って投げ込んだストレートが、どうしてプロの選手に打たれないだろうか。

この3試合、ホークスはまったく勝てなかったのだが、相手の中日に強さも感じなかった。

単に、ホークス側の投手の自滅と、野手の調子の悪さだけが目立つ3試合となり、シーズン全体にも影響が残りそうな最悪の結果になったと思う。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました