湘南戦2-1 対策が施された後半

アビスパ
スポンサーリンク

前半の流れは最悪。

オフサイドのかけ損ないとPK失敗のミスが出てしまい、

崩されてもいないのに、負けているという、もどかしさが、ピッチの上にありました。

ウェリントンの高さは今も健在で、前半は何度も彼に跳ね返されてしまいます。

そして、湘南の守備位置が低く、サイドのスペースをいつもより使えない状態にありました。

そこを、後半から見事に修正してきます。

早く低いクロスを、ウェリントンがいないところに放り込んで勝負に。

メンデスの頭を狙ったサロモンソンのクロスの精度は抜群。

戦い方が分かったアビスパにとっては、湘南の攻撃は驚異ではなく、逆転での6連勝を達成!

去年から何度も言っていますが、この試合でもまた歴史塗り替えたゲームを見ることができました。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました