西武戦2-7 中継ぎ投手の酷使

ホークス
スポンサーリンク

5回に、勝ち越しまでもっていけていたら、良い流れで、中継ぎ投手つぎ込んで勝てたかもしれない。

いや、今日の試合で中継ぎを多用できる余力はなかったか。

泉の登板は失敗。

シーズン序盤戦を支えてきた投手をこんなとこで潰すのはいかがなものか。

モイネロも連投はさせられないので、今日の敗戦は致し方ないところもある。

打線の爆発力が無いので、中継ぎの酷使が続いていて、その疲労感も試合の中で出始めている。

バレンティンは、このまま交流戦でも使われることが確定。

セリーグの投手が、対策施してきそうで心配だ。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました